初めまして!よろしくお願いいたします。

初めまして、浦山潤です。

私は高校卒業後、車の板金塗装やトラックの運転手をした後、中古車の仲介業を始めましたが、友人の紹介に頼っていたため利益にならず商売を断念しました。

営業の仕事をして経験を積もうと不動産営業や企画営業などの求人を探していたところにプローデューサー募集に目が止まり会社説明会に参加しました。

レジャーホテル?!

その会社はレジャーホテル業界のトップ企業で飲食業や公共事業も行っていました。

私は会社説明会でスタッフの気遣いや熱い思いに惹かれ、3度の選考をクリアし、レジャーホテルの店長候補として入社が決定した2日後に岐阜県に配属されました。

研修中はプライベートな時間はありませんでしたが、半年の研修後に店舗管理者に昇格しました。

そして店舗の運営に携わり施設管理、顧客管理、集客、スタッフの教育、お取引様との折衝などを実務を通して覚えてました。

1年後、店舗の売り上げを更新、その後、複数店舗の統括を任せられるようになりました。

さらに新店舗の立ち上げを担当し、店舗の設計段階から携わらせていただきました。

新店舗の立ち上げ後、大阪に異動し、売り上げが低迷している店舗に着任することになりました。

その中で店舗の収益を上げるために苦労したのが集客です。

利益を確保するためにシフト調整やコスト管理を行いましたが、集客が出来なければ売り上げが上がらず、結果、売上を上げることが出来ないという結果になりました。

そこで集客力を身に付けるために学び始めたのが、

ダイレクト・レスポンス・マーケティングです。

どのようなものかと言うと、お客様から直接反応を得るマーケティング

私の考え方を加えると、お客様に直接アプローチをして販売に繋げる手法というふうに考えています。

マーケティングを学んではいましたが、店舗運営やスッタフの管理などをしているとマーケティングの実践に充てる時間が殆んどなく、中途半端になってしまい販促プランが遅れることも多々ありました。

その時に店舗の運営や経営マネジメントとマーケティングを両立して行なう大変さ、難しさを知るようになります。

そして私は思いました!

このような状況は小規模ビジネスのオーナー様、社長様も経営で手一杯になり、マーケティングに注ぐ時間が無いという、私が経験したことと同じではないか?と思いました。

それならば私はマーケティングに特化し、クライアントには集客のことは忘れて経営に専念してもらえれば良いのではないかと考えるようになり、駆け出しですが、集客に悩んでいる個人オーナー向けに集客力を改善するコンサルティングを始めようと考えました。

また、ブログ名のMarketing Driverの意味は、より高いレベルのマーケティングのスキルを身につけ、マーケティングの操縦者になり、クライアントに貢献したいという思いから、このブログ名にしました。

投稿する内容は、マーケティングに関すること、マインドセットなどをアウトプットしていきます。

とは言うものの、私はコンサルティング会社の出身ではありません。異端児ですので、共感出来ない部分や他の人と言うことが違うと感じることもあると思います。

有益な情報を提供出来るように心がけますが、ご自身の考え方やビジネスに合わないと思われるかもしれません。

その時はご容赦ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。